2014年03月08日

帰国後の検討(携帯電話)〜その2〜

【帰国後の検討(携帯電話)】
http://zurich-life.sblo.jp/article/81911961.html

↑の記事通り、12月の時点では帰国後の携帯電話について、MVNO回線を使うかキャリア回線を使うか迷っていたのですが、ちょうど今日↓記事の通り、IIJからMVNO回線かつ音声通話もできる物が発表されました。(昨年末に楽天でんわのプレスリリースもありましたしね。)

【格安MVNOのIIJが音声通話プランを追加 音声+LTE1GBで月額1900円から】
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/205/205628/

バンドルされる高速通信量も500MBから1GBに増えるし、帰国後はこの回線(IIJでしかも無料の無線LANアカウントの付くBICSIM)を使おうと決心。データ回線のみ&IP電話アプリだけだと、やはり緊急通報やフリーダイヤル等の通話ができないのがネックになりどうしようか迷っていたのですが、これなら奥さんも安心です。

どうやら音声通話機能付のパッケージは、そのものを購入してもSIMカードは同封されておらず、同封されているIDとデジカメや携帯電話で撮影した免許証等(本人確認のため)の画像を、ネット上から申請することで契約住所にSIMカードが送られるとの事。という事は、すでに日本の住所が決まっていれば、このパッケージを実家に送って父親か母親にでも開封してもらいIDを教えてもらえば、スイス国内で申し込み処理ができるってことですね。

とりあえず我が家は、奥さんが音声通話付、僕がデータ通信のみのミニマムスタートプランにしようかなと思っていますが、僕自身も「IP電話アプリだけじゃ通話品質が厳しくて、やっぱ音声通話付じゃないとダメだ!」と思えば、音声通話付へのプラン変更で対応しようと思ってます。また、音声通話付の方ですが、デフォルトだと21円/30秒で従量課金される一方で、楽天でんわ等のキャリア音声回線を使う通話アプリを使えば、10円/30秒くらいに通話料を落とせるので、一ヶ月の携帯電話代金が2500円くらいまで落とせそうな気がします。データ通信のみの場合は、IP電話の通話料金を含めても一ヶ月1500円でおつりが出そうな感じですかね。

「帰国前には、IIJから音声通話付のプランが出るだろう」とは思っていたのですが、とりあえず実際にプレスリリースされて、自分の帰国に間に合うことがわかってよかったです。スイスに来る前はFOMA回線で1ヶ月8000円くらい支払っていたので、どれだけキャリアは荒稼ぎしてたのだろうと思ってしまいます(笑)。


多少なりとも参考になった方は、↓のクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
posted by もんじゃ at 05:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 帰国

2014年01月27日

帰国後の検討(自動車)〜その2

【帰国後の検討(自動車)】
http://zurich-life.sblo.jp/article/81912007.html

↑の記事で帰国後の車についてどうしようかと思っていたのですが、その後の展開をご報告します。当初は、帰国直後に2週間から1ヶ月間くらいレンタカーをレンタルして、その間に中古の軽自動車を購入しようかと考えていました。
ところが先月に軽自動車税の増税が正式に決まり、2015年1月以降に新車登録した軽自動車&新車登録して10年経過した軽自動車については約1.5倍の税金を支払わなくてはならないことになりました。さらに、地方在住の僕の妹が「そろそろ車を持っても良いかな」との事なので、自動車購入の戦略を変更して以下のようになりました。

1.2014年3月25日(帰国翌日)に中古自動車を購入。
2.2014年12月末までに、新車でミライースを購入予定。
3.ミライースを購入後、中古自動車は妹に譲る。

ネックになるのは、1.の「帰国翌日に中古自動車を購入できるのか?」という事でしたが、中古自動車屋さんや市役所に連絡してみたところ以下の通りでした。

A.帰国翌日に中古自動車を引き渡すのは可能。(頭金を支払えば残金は引き渡し時の支払いでOK)
B.その代わり自動車登録のために、引き渡しの2,3週間前に住民票(あるいは軽自動車住所証明書)をお店に郵送して欲しい。
C.僕の住む市では、委任状があれば代理人による住民票や軽自動車住所証明書の申請がOK。

という事で、僕が一時帰国しなくても帰国直後から中古の軽自動車に乗るのは可能みたいです。幸い僕が住んでいる市は近くに両親も住んでいるので、両親に委任状を送り住民票の申請をやってもらいました。また、僕の問い合わせた中古自動車屋さんでは、頭金を数万円払えば指定の軽自動車を予約できるとの事だったので、すでに1台を予約済。頭金の方は、楽天銀行からネットバンキングで指定の銀行口座に振込みも終わりました。これで、帰国翌日から軽自動車に乗ることができます。
また、自動車の任意保険についてですが、車検証のコピーさえあれば帰国しなくても保険手続きは可能みたいなので、中古自動車屋さんに帰国2週間前までに車検証のコピーを送ってくれとお願いしたところです。


ちなみにですが、帰国直後から新車の軽自動車に乗れるかどうかダイハツのディーラーに問い合わせたところ、「1度来店して契約書類を書いてもらう事が必要」との事で、そこから注文生産になり、新車の引き渡しには来店から1ヶ月〜2ヶ月くらいはどうしても時間がかかるとの事でした。
20万円クラスの買い物ならまだしも、さすがに100万円クラスになるとお互い顔も知らずに契約とは厳しいようです。


多少なりとも参考になった方は、↓のクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
posted by もんじゃ at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 帰国

2013年12月02日

帰国後の検討(自動車)

今日は、帰国後に購入する自動車についてです。僕はスイスに来る前に所有していた自動車を弟に譲ったので、帰国後に自動車を購入しなければなりません。(都内ではなく車必須の地域に戻ります。)

とりあえず新車を購入しようかと思ったのですが、新車の納入は注文してから2,3ヶ月くらいかかる場合もあるので、その間はマンスリーレンタカーを契約する必要が有ります。で、いろいろ調べたら軽自動車を3ヶ月くらいレンタルしようとすると、安くても20万円弱くらいはかかるわけですよ。
それならと思い、中古車を調べたら10日間くらいで納入できるとの事なので、帰国後の2週間をレンタカー(2週間で5万円くらい)にして、その間に中古車(30万円くらいで車検期間が来るまで乗りつぶし)を1台購入した方が良いかもしれないと思いはじめました。スイスに来る前は奥さんがペーパードライバーだったのですが、帰国後は奥さんも運転しそうなので、むしろ最初は中古車で練習する方がいろいろとリスクが少なくていいかも。

自動車は携帯電話とは違って、それなりに価格が高くなるので真面目に考えてはいるのですが、いかんせんスイスの物価で考えると「新車の軽自動車が10000フランで買えるの?安いじゃん?」と思えてしまうので、この物価感覚を元に戻さねば……。(笑)



多少なりとも参考になった方は、↓のクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
posted by もんじゃ at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 帰国