2013年06月17日

ZOO Zurich

今日は、チューリッヒ動物園(場所,HP)に行って来ました。アクセスは、5番か6番トラム又は39番バスのZooで降りて徒歩5分くらいのところです。チューリッヒ動物園はほとんどが屋外なので、今日みたいに30℃くらい暑い日になると全部見るのが結構大変でした。


チューリッヒ動物園には、数は多くは無いけれど魚とかペンギンとかもいて、プチ水族館みたいなものもありました。ちょうど僕らが行ったときにはペンギンの餌やりタイムでしたが、2割くらいのペンギンは餌には見向きもせずひたすらダレてました。ペンギンも夏バテするんでしょうか?


この孔雀は、展示スペースではなくて普通に園内の道を歩いていました。日本の動物園だと、こういうシーンはなかなかないですよねぇ。


危険な動物でなければ、普通に触れる距離まで近づけるんですよね。

なお、園内はそれなりに面積がある上にアップダウンがかなりありますので、全て見るのにはそれなりに体力が必要かもしれません。また、チケットは大人1人がCHF22で、受付の人は英語OKでした。なお、2014年には「エレファントパーク」なる新施設もできるとの事です。


多少なりとも参考になった方は、↓のクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
posted by もんじゃ at 12:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 手続き

2013年05月22日

生活と労働講座inチューリッヒ

今日は自分の話ではなく奥さんの話なのですが、先週奥さん宛てにチューリッヒ市役所から「生活と労働講座」の案内が郵送されて来ました。(市役所の該当HPはこちら)
この案内を読むと、市役所の方で2013年6月12日(水)19時〜21時半に英語話者を対象に「生活と労働講座」が開催されるとの事。僕にはこの案内が送られてきていないので、おそらくこの前の記事で書いた就業証明において仕事をしていない人を対象に郵送しているのか、あるいはこちらの記事のコースに参加している人に郵送されているのではないかと推測。

まぁいずれにしても、「チューリッヒ 誰が住んでいるのか」「雇用」「チューリッヒでの生活」「レジャー活動」「スイスでの言語」「ドイツ語講座」が、この講座のトピックになっているようで、メール/Web/郵送のいずれかの方法で参加登録するみたいです。授業料については何も記載が無いことから、おそらく無料だと思います。

うちの奥さんはチューリッヒで働く事は無いのですが、生活情報については聞いてみたいとの事。また、Webやメールでも参加登録可能という事は、案内が送られてきていない僕も参加できるのではないかと思っているので、僕もこれに出てみようかなと思っています。


多少なりとも参考になった方は、↓のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
posted by もんじゃ at 02:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 手続き

2013年05月05日

就業証明の提出

チューリッヒ市役所から英語の書類が送られてきました。「あなたのtax statusをチェックするため、以下の質問に答えて30日以内に返送してください。」との事でした。この書類を見ると、
1.スイスの会社から給料を受け取っているか
2.週15時間以上働いているか
3.学生かどうか
4.自営業かどうか
5.年金等を受け取っているか
6.20万フラン以上の資産があるか
7.専業主婦/専業主夫か
という質問事項があり、サインを書く場所もありました。僕の場合はETHからお給料は出ていないので、おそらく納税しなくても良いような気もするけど、だとすると2.の質問は何のためにあるんだろうか?週15時間未満の労働者は税金を払わなくても良い、みたいなルールでもあるのかな?

ただ、よくよく考えてみると「スイス国内からの給与所得が無いから納税は必要ありません」となった場合、僕はチューリッヒに住んでいるにも関わらず市から提供されているサービスにかかるお金(例えば、公園や街灯・上下水道・道路維持等々のインフラ維持費)は支払っていないわけだ。もちろん、こういう公共財の恩恵をまったく受けていないわけはないはずなので、利用者負担の原則から考えるに僕もある程度の税金を払わないといけないような気もするのだが、果たして実際僕は税金を払う必要はあるのだろうか。(その分、日本にはいないけど日本の税金が給料から差し引かれておりますが……。)


多少なりとも参考になった方は、↓のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
posted by もんじゃ at 06:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 手続き