2014年03月21日

期待するお釣が戻ってこない

現在、日本への帰国に備えて、たまったコイン(ラッペン)をどんどん使っています。日本に住んでいたら、例えば725円の商品を購入するときに1225円を支払えば500円玉がお釣として返って来るのですが、こちらでそのような事をすると怪訝な顔をされる場合が多いです。
おそらく「CHF26の商品に何でCHF31に出すの?」という感じじゃないのでしょうか?僕はCHF26とわかっていてCHF31を支払ったのですが、店員さんがドイツ語で「いやいやCHF26だって!」と言って、CHF4のお釣と僕の出したCHF1を返してくるわけです。

あと数日で、財布の中のコイン(大した額ではありませんが)を使い切れるのだろうか、ちょっと不安になります。


多少なりとも参考になった方は、↓のクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
タグ:硬貨 お釣
posted by もんじゃ at 01:43| Comment(11) | TrackBack(0) | 生活

2014年03月02日

Dennerのコーヒーカプセルが一新!

【コスパの良いコーヒーカプセルはどこだ?】
http://zurich-life.sblo.jp/article/81040681.html

↑で、Dennerのコーヒーカプセルをご紹介した次第ですが、最近は各社でコーヒーカプセルのパッケージを小さくする動きがあるらしく、Dennerのコーヒーカプセルも最近1パックが小さくなりました。



↑画像(左が新パックで右が旧パック)が新旧のコーヒパックを比較した物ですが、新しいパックの方が小さい上にカプセル数も増えてます。残念ながらカプセル1個当たりの価格は変わらないため(1個当たりCHF0.29くらい)、カプセル数が増えた分だけ商品は値上げしたわけですが、僕は車を持っていないため家に持って帰るのが多少楽になりました。(いつも2,3個まとめ買いをするため。)

今日はこの30個入りのパックを2つ購入したのですが、おそらくこれがスイスで購入する最後のコーヒーカプセルでしょうね、なんて事を思いちょっと悲しくなった次第。
とは言え、一方で先ほどネスレジャパンのオンラインサイトから、ドルチェグストを購入してしまいました。このオンラインサイトで注文すると配送日が結構先まで指定できるので、帰国後の3月末に日本の住所に配送日を指定。また、コーヒーカプセルも2ヶ月に一回の定期配送を指定したので、これで帰国後もコーヒー生活が続けられそうです。(今月中に定期配送分のカプセルを注文すると、4月からの増税前の価格で今年12月分まで購入できるとの事。)

これで日本に帰国してからも、エスプレッソマシン(ドルチェグスト)を使い続けられそうです。(コーヒーカプセルが50円/1個と、ちょっと高いのが気になりますが……。)


多少なりとも参考になった方は、↓のクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
posted by もんじゃ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活

2014年02月06日

チョコレート・マッサージ(DeinDeal)

昨日奥さんがチョコレート・マッサージに行って来たので、今日の記事は僕ではなく、奥さんによるチョコレート・マッサージのリポートをお願いしました。

************************************************

皆様、はじめまして。もんじゃの妻です。本日は夫に代わりまして、私がブログを書かせていただきます。

先日、クーポンサイトのDeinDealで、気になる情報を見つけました。チョコレート・マッサージ(Schokoladenmassage)というものです。お店の方は、「Vanity Cosmeticenter - by Soraia」(場所ドイツ語HP)で、アクセスは912番,916番バスの「Elektrowatt」から徒歩5分、又は2番,4番トラムと33番,912番,916番バスの「Höschgasse」から徒歩2分くらいです。

夫はいつも楽しそうにクーポンサイトを利用していますが、私にとっては「電話で」予約を取るというのが、常に高い壁でした。スイスに来てから、英語よりもむしろジェスチャーで会話してきた私(笑)電話になると、相手の声も聞こえにくいし、その場でジェスチャーをしても相手には見えない・・・。ましてや、電話口の向こうからドイツ語が聞こえはじめたときには、もう無言にしかなれません・・・。

しかし、クーポンサイトの情報を見てみると、このお店の予約は「電話」または「メール」でOKとあり、メールで予約をとることにしました。英語で書いてもよかったのですが、最近ドイツ語学校に通っているのでその成果をここで発揮するべく、ドイツ語で予約のメールを書くことにしたのです。
以下のように書きました(正しいドイツ語かはわかりませんが、相手には通じました(笑))

Hallo.
Ich heisse (私の名前).
Ich kaufte einen Kupon im Dein Deal.
Ich hatte gern gehe 28.01.2014.
Ich mochte eine Schokoladenmassage.


幸い、お店の人から返ってきた返事は、簡単なドイツ語でしたので、理解することができました。あとからわかったことなのですが、、エステティシャンのお姉さんも1年半前にスイスに来て、いまもドイツ語を勉強中であるということでした。なので、施術中も簡単なドイツ語と英語を使って話してもらい、コミュニケーションをとることができました。(お姉さんは英語はあまり得意ではないと言っていました)

お店は、というと、エステティシャンのお姉さんが、ひとりで行っているようで、広さとしては10畳くらいの狭いお店に、ベッドが1つおいてある感じでした。ほかに、マニキュアを塗るスペースやスチームで毛穴のお掃除ができるような機械もありました。

お店に着くと、「じゃ、洋服はここで全部脱いでください。そしてこれをはいてください。」と紙パンツを渡されました。着替えて、そして、施術へ。
日本では、あまり耳にしてたことのない、「チョコレート・マッサージ(Schokoladenmassage)」。チョコレートファウンテンでみるようなトロトロに溶けたチョコレートをぬられるのかと思いきや、チョコレートホイップクリームのような淡い茶色のクリームをぬられました。事前に、マッサージの内容が詳しくわからなかったのですが、全身(顔以外)のマッサージをしてくれました。お姉さんは、以前イタリアのホテルでエステティシャンをしていたらしく、マッサージ自体もとても上手でした。「このチョコレートのクリームも、イタリアから持ってきてるのよ」と言っていました。私は「スイスのチョコレートを使ってるんじゃないんだな」と少しがっかり。。。でも、きっと、スイスでなければチョコレートマッサージにチャレンジすることもなかったと思います。そしてとても甘い香りにつつまれ癒されました。コミュニケーションもうまくいったし、勇気を出してよかったなぁ・・・。

そうそう、通常では60分でCHF120するところ、今回はCHF49のクーポンを使用しました。

************************************************

という事で、この日は家に帰宅すると奥さんからチョコレートの美味しそうな香りがしてきました。(笑)


多少なりとも参考になった方は、↓のクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

posted by もんじゃ at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活