2014年02月01日

スイスから日本へ本帰国する時の手続き〜その1〜

先日、奥さんの健康保険代の振込みでエリコン駅前まで来たので、ついでに移民局とUBS銀行に行って来て帰国時に必要な事務手続きについて聞いてきました。

まず移民局の方ですが、窓口の職員によると、

1.帰国時の手続きは無いので移民局に再び来る必要は無い。
2.現在の滞在許可証カードは、期限が切れればその時点で効力が失効するので返却の必要も無し。
3.チューリッヒの住民でなくなるので、クライスビューロで住民登録解除の手続きが必要。

という事で、↓記事でも書きましたが、住民登録を行ったクライスビューロに再び行かなければならないみたいです。

【市役所での住民登録】
http://zurich-life.sblo.jp/article/64311143.html


そしてUBS銀行の受付のお姉さんに、日本に帰国しても口座維持できるかを聞いたところ、

1.手続きすれば日本帰国後も、現在のUBS銀行口座は維持可能。ただし、毎月CHF30かCHF50(残高によって維持費は分かれる)が必要。

2.帰国前に銀行口座をクローズすれば、現金で残高が返却されるor国際送金で日本の銀行口座に送金可能。

3.再びスイスに来てUBS銀行のアカウントを作れば、その際はまた1年間口座維持費は無料になる。

との事でした。今後もスイスやユーロ圏の出張の時にもUBSの銀行口座が使えればなぁと思ったのですが、維持費を考えるとアカウントをクローズする以外に手はなさそうです。なお、自分で調べた限りでは、「クレディスイス」「ポストファイナンス」の個人口座でも、スイス国外在住になると毎月の手数料がかかるので、使い残したスイスフランは円に換えるのでなければ日本での外貨預金かタンス貯金にしかできなさそうですね。

そしてこのUBSの受付お姉さんの「Japan」の発音が「ジャペイン」だったのことに、妙に気になる今日この頃。


多少なりとも参考になった方は、↓のクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
posted by もんじゃ at 02:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 手続き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/86470819

この記事へのトラックバック