2013年03月27日

日本出国とスイス入国について

今日は、日本出国時の手続きとスイス入国時の手続きについて書きます。

まず、日本出国についてですが、僕はあらかじめ旅行会社にチューリッヒ行きのチケットを出国3ヶ月前くらいに予約しておきました。この旅行会社は、e-チケットを手配してくれて、僕にはA4の1枚の紙が渡され、このA4用紙を成田空港のチェックインカウンターに持っていけば、それでOKでした。僕の場合は、A4用紙に往路だけでなく復路分の情報も一緒に記載されていたので、カウンターのお姉さんに「復路の日は相当先なので長期滞在ということですね。ビザ等はお持ちですか?」と聞かれました。ここで、スイスの長期滞在はビザが必要ない旨と、予めETHの事務方から渡されていた滞在許可証確約書を見せて、「この滞在許可証確約書を持って、スイス入国後に移民局へ滞在許可証を申請する手はずになっています。」と返答しました。
その後の出国手続きの際は、パスポートしか見せないので何も言われずに、そのまま素通り。

入国手続きの際には、パスポートと滞在許可証確約書をスイスの入国審査官に見せたところ、「ビジネスでスイスに来たのか?」と英語で聞かれたので「そうだ。1年間スイス連邦工科大学で勤務する」と答えたところ、その他は何も聞かれず無事にパスすることができました。



多少なりとも参考になった方は、↓のクリックをお願いします。


入国する国にもよるが長期で外国に滞在する場合、通常ビザが求められる。ところが、スイスについては日本政府とスイス政府の取り決めにより、長期滞在者でもビザは免除となっている。その代わりというわけでもないが、スイス(EU圏内の国も多かれ少なかれ同じとは思うが。)は3ヶ月以上長期滞在する外国人は滞在許可証を所持していなければならない。この滞在許可証(Permit)にはタイプがいくつかあるのだが、僕の場合は364日間の滞在となるため、L-Permitという種類の滞在許可証が必要であった。
また、僕の場合はETHから給料が出るわけでもなく、給料は日本から支払われるため「労働許可証」は必要なかった。スイス国内での給与取得がある場合は労働許可証の申請も必要らしい。

この滞在許可証について、取得のための手続きの詳細は後日ブログに執筆予定。
タグ:滞在許可証
posted by もんじゃ at 04:14| Comment(4) | TrackBack(0) | 手続き
この記事へのコメント
はじめまして、スイスの大学のブログで一つだけ、というのも気になりましたし、娘もこの夏からスイスにホテルマネンジメントの勉強に行くので、本当に参考にさせていただいてます。ジュネーブなので場所はちょっと違いますが、詳しく書いてくださり、本当にありがとうございます。そして一年どうぞ楽しんでください。これから良い季節ですね。
Posted by ばるみ at 2013年04月16日 01:13
>ばるみさん
どうも初のコメントをありがとうございました。確かにジュネーブだとカントンが違うので、手続き関係はチューリッヒカントンと多少異なる可能性はありますが、ご参考になるものがあれば幸いです。
Posted by もんじゃ at 2013年04月16日 05:44
私の場合は、亡命申請でしたが、2年半ほど許可待ちでそのまま滞在できました。チアソの難民施設だと週24フランほどのお小遣いと宿泊・ご飯が付いていて、アーガウ州に移ったら、毎日10フラン貰ってました。ご飯は自分で作るようになってたかな。結構ビザ簡単だったからかもしれません。
Posted by 元スイスの難民 at 2014年05月20日 04:43
はじめまして.
私も2014年9月末〜5月までローザンヌの近くのマルティニという町にある研究所で働く予定です.

入国,滞在許可証取得など詳しく情報が記載してあり,大変参考になりますし,助かります.
他の記事についてもこれから参考にさせて頂こうと思います.
Posted by フロムアス at 2014年09月02日 00:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64090929

この記事へのトラックバック