2014年03月08日

帰国後の検討(携帯電話)〜その2〜

【帰国後の検討(携帯電話)】
http://zurich-life.sblo.jp/article/81911961.html

↑の記事通り、12月の時点では帰国後の携帯電話について、MVNO回線を使うかキャリア回線を使うか迷っていたのですが、ちょうど今日↓記事の通り、IIJからMVNO回線かつ音声通話もできる物が発表されました。(昨年末に楽天でんわのプレスリリースもありましたしね。)

【格安MVNOのIIJが音声通話プランを追加 音声+LTE1GBで月額1900円から】
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/205/205628/

バンドルされる高速通信量も500MBから1GBに増えるし、帰国後はこの回線(IIJでしかも無料の無線LANアカウントの付くBICSIM)を使おうと決心。データ回線のみ&IP電話アプリだけだと、やはり緊急通報やフリーダイヤル等の通話ができないのがネックになりどうしようか迷っていたのですが、これなら奥さんも安心です。

どうやら音声通話機能付のパッケージは、そのものを購入してもSIMカードは同封されておらず、同封されているIDとデジカメや携帯電話で撮影した免許証等(本人確認のため)の画像を、ネット上から申請することで契約住所にSIMカードが送られるとの事。という事は、すでに日本の住所が決まっていれば、このパッケージを実家に送って父親か母親にでも開封してもらいIDを教えてもらえば、スイス国内で申し込み処理ができるってことですね。

とりあえず我が家は、奥さんが音声通話付、僕がデータ通信のみのミニマムスタートプランにしようかなと思っていますが、僕自身も「IP電話アプリだけじゃ通話品質が厳しくて、やっぱ音声通話付じゃないとダメだ!」と思えば、音声通話付へのプラン変更で対応しようと思ってます。また、音声通話付の方ですが、デフォルトだと21円/30秒で従量課金される一方で、楽天でんわ等のキャリア音声回線を使う通話アプリを使えば、10円/30秒くらいに通話料を落とせるので、一ヶ月の携帯電話代金が2500円くらいまで落とせそうな気がします。データ通信のみの場合は、IP電話の通話料金を含めても一ヶ月1500円でおつりが出そうな感じですかね。

「帰国前には、IIJから音声通話付のプランが出るだろう」とは思っていたのですが、とりあえず実際にプレスリリースされて、自分の帰国に間に合うことがわかってよかったです。スイスに来る前はFOMA回線で1ヶ月8000円くらい支払っていたので、どれだけキャリアは荒稼ぎしてたのだろうと思ってしまいます(笑)。


多少なりとも参考になった方は、↓のクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
posted by もんじゃ at 05:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 帰国