2014年02月28日

スイスの景気は一服中かこのまま不景気に突入か?

【スイスのGDP考察】
http://zurich-life.sblo.jp/article/68677474.html

とりあえず以前、↑の記事で日本とスイスの2013年第1四半期(1月〜3月)までのGDPはお伝えしておりましたが、その後GDPについては特段大きな動きはなかったので、本ブログでは報告を省いておりました。そんな中、本日スイスの2013年第4四半期(10月〜12月)のGDPが発表されたのでそれを見てたのですが、スイスの景気が一服中なのか今後不景気に突入するか微妙な感じになっているので、今日はその事をご報告します。



↑が、2013年第4四半期までのスイスの名目GDP(季節調整済)となります。前期比と比較すると、小幅ながらもGDP自体は増えているのですが、「これはマズイ!」と思ったのは、2013年第4四半期の「純輸出」の急減と「在庫品増加」の急増です。この表では「純輸出」(=輸出額−輸入額)しか出していませんが、実は2013年第4四半期に物の輸出額が一時的に急減(特に化学・薬品関係の製品)&サービスの輸入が一時的に急増した事より「純輸出」が急減しています。
おそらくヨーロッパの景気減速に伴って、化学製品や薬製品の輸出にブレーキがかかったのでしょう。そして、これらの単価の高い製品が在庫で積みあがったために、「在庫品増加」も連動して高くなったのでしょうね。「在庫品増加」はGDPの内訳としてはプラスに働きますが、急増するという事は、その反動で企業が生産を縮小する可能性が高いわけです。その結果「在庫品増加」の項目の数値もそのうち下がってきて、いずれマイナスになる可能性もあり、その場合は逆にGDPの足を引っ張ることになります。
スイス税関の統計ページを見る限り、2013年12月のみ輸出額(サービスは含まず)が急減していて2014年1月の輸出額は元通り回復しているので、おそらく輸出の急減は一時的な物じゃないかとは思うのですが、何で12月のみに輸出額が急減したのかわからないので、何とも推測しがたいところ。ただ、物の輸出については1月は回復しているので、そこは安心するポイントですね。

また、サービスの輸入が一時的に急増(前期比で+9%増。この項目はGDPを減らす要因になる。)した事なのですが、これ何によるものでしょうね?ここ数年のGDP統計を見る限り、このサービスの輸入が前期比と比較して急増(+5.0%以上)した時期は、2008年第4四半期(リーマンショック直後)と2010年第2四半期(ギリシャ不安の直後)と2011年第4四半期(CHF1=EUR1.2の無制限介入を始めた直後)なので、何かヤバイ事が起きるとサービスの輸入が一時的に急増する法則が成り立っているわけです。今回は何が要因かと思っていろいろ考えたのですが、あまりこれだという明確な要因が思いつかないんですよね。(メルケル首相が2013年9月末の総選挙を勝利したにも関わらず、12月まで組閣できなかったことくらいですかね?)
いずれにしてもこの辺りは、半年先くらいにリリースされる国際収支統計を見れば詳細がわかるのですが、現時点ではこちらも推測しがたいなぁ。

まぁいずれにしても、近日中にスイス税関が2月の貿易額についてのリリースがあるはずなので、もし何か異変があったら、またお伝えします。


今回のGDPを見る限り、スイスは不景気突入か持ち直すかの瀬戸際なのでちょっと心配です。


多少なりとも参考になった方は、↓のクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村


本記事を執筆するのに使用した資料はこちら
posted by もんじゃ at 03:13| Comment(0) | TrackBack(0) | スイス経済

2014年02月27日

やっぱりビットコインはこうなったか

【さすが金融立国と言うべきか】
http://zurich-life.sblo.jp/article/83482363.html

↑記事は昨年の12月末に書いたものですが、僕の不安通り日本発のビットコインのニュースが↓記事のように世界を騒がせてます。

【ビットコイン取引停止、仮想通貨の「リーマン騒動」の様相も】
http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702304380304579405861735800566.html

【ビットコイン問題、米検察が捜査=約300億円失われる−報道】
http://www.jiji.com/jc/c?k=2014022600402

これは確かに日本政府の対応も難しくて、例えば電子マネーとかポイントの類であれば引当金を準備しなければならない規制(法律)が存在するので、電子マネーやポイントは「日本円」(すなわち日本政府による保証)という価値の裏づけがある一方で、ビットコインには価値の裏づけとなる実物資産がまったくなく、発行主体も存在しないわけですよ。さらにビットコインのレートは、円にリンクせずに時々刻々と変動する上、ネットワーク上のみでビットコイン受け渡しがやり取りされるわけ(ここが一番の問題じゃないかと僕は思ったわけですが)なので、これは電子マネーでもポイントでも無く、法的に位置付けが難しい「何か」なんですよね。
批判的な書き方をすれば、「実物資産としての価値の裏づけが無く、ネット上のみでしか受け渡しができず、しかも時々刻々と円やスイスフランに対するレートが変わるものに、あなたはお金を払ってでも買いたい(投資したい)ですか?」という話ですかね。

まぁ今回の事件は、ビットコインそのものではなく、ビットコインの売り買いと現実通貨への換金を仲介する取引所のシステムに問題があったわけですが、日本人にとっては非常にビットコインのイメージが悪くなったでしょうね。
とりあえず、僕はこれに手を出さないでおいて正解でした。さすがに今回の事件で、日本政府としてはビットコインに規制を加える方向で動きそうですが、スイスはどうなりますかね?ビットコインを通貨として法的に認める国民投票(時期はまだ未定)が、本当にスイスで実施されるのかどうか興味津々です。


多少なりとも参考になった方は、↓のクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
posted by もんじゃ at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月26日

ウクライナの次の注目はベラルーシ!

【ウクライナ、EU加盟に意欲 ロシアは政変に反発、欧米は支援】
http://www.huffingtonpost.jp/2014/02/24/ukraine_n_4844970.html

EUにとって、ウクライナの政変はかなりのビックニュースになります。というのも、地図で見れば一目瞭然ですがウクライナはロシアの隣国という事で、経済的にも軍事的にもロシアの影響を非常に強く受けています。また、ウクライナは鉱物資源が豊富ということもありEUもロシアも是が非でもこの国に影響力を行使したいと思ってるでしょう。(万が一ウクライナがNATOにまで加盟したら、モスクワの喉元にNATO軍の基地が作られることになります。)

ここ最近はウクライナ経済が停滞していることもあり、ロシアがウクライナの債務を肩代わりすることで、ロシアの従属国みたいになっていました。23日に解任された前大統領のヤヌコヴィチ氏は親ロシア派でしたが、今回の親EU派が政権を抑えたとの事で、一気にウクライナが親EU派へ舵を切るのか、あるいは国を二分させて内戦状態になるのか注目です。当然、EUはウクライナを自陣に引き入れようと財政援助の方向で動いていますが、ロシア側はどうするつもりなんでしょうか?(ロシアもウクライナに延々と援助する余力も以前ほど無いかと思いますが、みすみす親EU国家にさせるとも思えませんし。)


しかしもう少し先を読むと、注目はむしろウクライナの行方ではなく、ウクライナの隣国であるベラルーシではないかと僕は睨んでます。というのも、ベラルーシも同様に財政基盤が豊かでなく以前から破綻懸念のある国ですが、この国は以前からロシアとEUを天秤にかけて援助を引き出そうとする外交で食いつないでいる国だったりします。最近はロシアからの金銭援助が期待できなくなったと見るや、中国との関係強化に乗り出し、↓記事のように今や中国がベラルーシを支えるトップランナーになってしまいました。

【中国に急接近の独裁国家ベラルーシ 「スラブの兄弟」露はいらだち】
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/europe/673387/

元々、ベラルーシはロシアに取り込まれることへの恐怖があるようなので、財政破綻か何かをきっかけに1994年より独裁しているルカシェンコ大統領に代わる親EU勢力が政権を握りさえすれば、結構簡単にコロっと変わるような気がします。そうなれば、日本にとっても中国を間接的に牽制できるんですけどね。
ただ、ベラルーシは日常言語がすでにロシア語になっちゃっているみたいなので、なかなかロシアの呪縛から離れるのは困難なのかもしれません。


個人的には今回のこのクーデターのニュース、アフリカ諸国や中国とかで報道されているかどうかが非常に気になります。ソチで開催されているパラリンピックが終わるまではロシアも静観するかと思いますが、その後ロシアがどう出るのか多少不安でもあります。(まさかウクライナへの軍事介入は無いと思うけど。)


多少なりとも参考になった方は、↓のクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
posted by もんじゃ at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月25日

残された時間はどのくらい?

すみません。今日は主にスイスの話じゃなくて中国の話です。「いつか中国のバブルは崩壊する」とよく言われますが、どうやらそろそろ導火線に火が付き始めたところでしょうか?

まずは時系列でやばそうなニュースをあげます。

【人民銀、不動産高騰で資金供給手控え 中国の短期金利9%台】(2013/06/09)
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM08069_Y3A600C1FF1000/

【中国の短期金利上昇 銀行の手元資金、緊迫した状態か】(2013/12/23)
http://www.asahi.com/articles/ASF0TKY201312230148.html

【中国:高利回り商品デフォルトも−工商銀は返済せずと関係者】(2014/01/17)
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MZJBMS6K50YE01.html

【中国「影の銀行」新たに850億円回収危機 デフォルト懸念さらに】(2014/02/15)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140215/chn14021520130004-n1.htm

【中国 中小都市の住宅値崩れが開始、地方政府のデフォルトは来年以降に増加も】(2014/02/24)
http://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201402240154

何だか加速度的に嫌なニュースが出始めてますよね。さて、要は中国の差し迫った問題として、「影の銀行」と「不動産バブルの崩壊」の二つがあります。あんまり関係ないように思われますが、実はこの二つは一連托生だったりします。
というのも、「影の銀行」は高利回りの金融商品(日本の報道では一般的に「理財商品」と呼ばれている)を中国国内の投資家や一般国民に売っていたのですが、「影の銀行」は儲けたお金で主に不動産等へ投資をしていたわけです。つまり不動産バブルが崩壊すると、その時点で理財商品は利回りどころか元本すら返済できない状態になるわけですよ。

中国では不動産の値上がりペースが物凄く速かったために、値上がりの利ざやで儲けることができるのは不動産を購入可能なある程度の富裕層だったと思うのですが、理財商品は金融商品のためそこまでの富裕層じゃなくても購入でき、しかもその理財商品の利回りが不動産投資並みに高利率だったので、あっという間に中国国民の間に広まっていったと思われます。(むしろこの理財商品のおかげで、今までバブル崩壊を延命することができたのかもしれません。)
ちなみに、不動産投資を金融商品にして売り出した仕組みは、アメリカのサブプライム問題と同じです。理財商品の市場規模は日本円で換算すると300兆円とも言われていますが、一体この300兆円がどの程度毀損するのか検討もつきません。

ちなみに日本の場合は、政府により1990年に実施された「土地取引の総量規制」がバブル崩壊の引き金を引いたと言われています。その際は土地取引量の多かった都心からバブル崩壊が始まり、次第に地方にも広がっていきました。一方中国の場合は、おそらく理財商品による地方の不動産投資に失敗したことにより、地方からのバブル崩壊が始まったのではないでしょうか?
おそらく今後も地方のバブル崩壊と理財商品のデフォルト懸念が目立つようになると思いますが、中国政府は輪転機を回して「元本だけは保証する」ってことをやるんじゃないのかなぁ……。ただ、それをやるとますますインフレが進むので一般国民の生活がさらに大変になるだろうし、地方のバブル崩壊を見捨てるとなれば今度は地方の反乱が始まるだろうし、すでにバブル崩壊と理財商品のデフォルトを根本から救う手段は残されていないような……。

まぁ中国は、GDPのうち総固定資本形成(設備・住宅・土地への投資)が50%弱と、スイスや日本の20%程度と比較すると一目瞭然で投資依存の国なので、この投資がこけるとなると完全に経済がアウトになると思っていたのですが、中国がこけるとなると日本もスイスも相当な被害でしょうね。個人的には、内需国家(GDPに対する輸出入の割合が30%程度、対中国の輸入割合に限定すると3%程度)の日本よりも、外需国家(GDPに対する輸出入の割合が100%程度、対中国の輸入割合に限定すると5%程度)のスイスの方が、総合的にはダメージの大きいような気がします。
これ、唯一日本がスイスに誇れる経済上の強みではないかと思うのですが、GDPに対する輸出入の割合が少ないということは、日本だけで経済が上手く回せて行けるってことなんですよね。先進国でGDPに対する輸出入の割合が30%以下の国なんて日本とアメリカだけなので、他国の影響を受けにくいということでは、むしろスイスよりも日本経済の方が世界恐慌には耐性があるのかもしれません。


多少なりとも参考になった方は、↓のクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
posted by もんじゃ at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月24日

レストラン「Poushe Strudelhaus」

今日は、チューリッヒ市内のカフェレストラン「Poushe Strudelhaus」(場所ドイツ語HP)をご紹介します。アクセスは、33番バスの「Bertastrasse」のストップから徒歩すぐのところです。



このお店は、名前の通りStrudel(シュトゥルーデル)を売りにしているお店みたいなのですが、甘いシュトゥルーデルのみでなく野菜や肉が入った物もあり、しかもシュトゥルーデルだけでなくお惣菜もたくさんあるので、普通にご飯が食べられます。



この日は、奥さん・奥さんの友達・僕の3人が一緒だったのですが、3人分を食べるまではお腹がすいていたわけでもなかったので、一人分の大サイズのお皿を注文。お店のカウンターにお惣菜が並んでいて、好きなだけこのお皿に自分で盛ってCHF22となります。また、このお皿のサイズは大(Gross)ですが、小サイズ(Klein)もあります。(小サイズの値段は明確に覚えていないのですが、確かCHF16くらいだったような……。)
また、お惣菜の他にシュトゥルーデルも乗せることができるので、↑の通り結構大きなシュトゥルーデルと野菜のお惣菜を乗せてみました。野菜のお惣菜はまだしもシュトゥルーデルが凄くお腹にたまるので、これ一人一皿で注文するとかなりお腹いっぱいになれるかも。あと、この日はお惣菜も6種類とか7種類くらいあったような気がします。↑画像の飲み物について何を注文したか覚えていないのですが、いずれにしてもこれ全部でCHF35くらいだったような気がします。

もちろん店員さんは英語で大丈夫でした。


多少なりとも参考になった方は、↓のクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
posted by もんじゃ at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 外食

2014年02月23日

目の前の女性が警察に連行される

昨日奥さんと一緒に買い物に出て、その帰りの32番バスの出来事。奥さんは席に座るために僕と離れていたのですが、Nordstrasseのバス停の停車中にいきなり2名の警察官が乗り込んできました。そしたら運転手さんも出てきて、いきなり僕の方を指差してドイツ語で何かしゃべています。
「えっ、俺何かしたっけか?!」と思う間も無く、警察官が僕の方に向かってきます。離れて座っていた奥さんも僕の方を心配そうに見ていたのですが、警察官が僕に向かって「Entschuldigung!(すみません)」と聞いて来ました。ただ、警察官の目線は僕ではなく僕の奥にいた眠っている50歳くらいの女性を見ていたので、「あっ、俺じゃなくてこの人か。」と察してその場所をどいてあげると、警察官がその女性にドイツ語で何やらしゃべってます。ドイツ語が聞き取れないので、何を話しているのかはわかりませんでしたが、おそらく「ちょっとバスから降りて、お話お伺いできませんか?」みたいな感じでしょうか。
この女性、僕が乗車してきた時にすでに眠っていたのですが、マニキュアがいたるところで剥げてるし、バッグやジャケットもボロボロだったので、ちょっと気になってはいたのですが、一人の警察官がこの女性の席の脇から透明な小袋を回収した時点で、「ひょっとして薬物か?」と僕も気づきました。

結局この女性は、フラフラ状態のまま警察官と一緒にバスの外に出ましたが、まさにバスの中で薬物中毒状態だったのでしょうか?いやぁ、なかなか目撃できない現場を見てしまいました。


多少なりとも参考になった方は、↓のクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

タグ:警察 連行 薬物
posted by もんじゃ at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月22日

俺も大好き「HARIBO GOLDBÄREN」

【ニコライ・バーグマンさん「懐かしく、ほっとする味」】
http://www.asahi.com/and_M/living/TKY201402200044.html

↑の記事に、僕の大好きなグミのHARIBOが紹介されてました。この味と噛み応えが最高です!
チューリッヒでは、↓記事のようにコスパの良いMigrosのGummibonbons(グミボンボン)をよく食べているのですが、HARIBOのGOLDBÄRENの方が噛み応えが良くてフレーバー数も多いので、本当はこちらの方をたくさん食べたいのが正直なところです。(笑)

【スイスに来て好きになった商品1】
http://zurich-life.sblo.jp/article/67032698.html


HARIBO GOLDBÄRENは日本でも輸入雑貨品店等で買えるのですが、一袋で400円程度くらいするのでほとんど食べる機会が無くなるんだろうなぁ……。


多少なりとも参考になった方は、↓のクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
posted by もんじゃ at 20:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月21日

寿司屋に連れてけ!

昨日同僚から「僕の帰国前に、チューリッヒの美味しい寿司屋さんに是非とも連れて行って欲しい」とのリクエストがあったので、定番のところでチューリッヒの旧市街にあるNegishiに行こうかと思った次第。ここは掘りごたつ席もあるし、毎週月曜日に"All you can eat"(食べ放題)をCHF49/人でやっているので、これを利用するかな。
ちょうど時期的にも、自分の「Farewell Party」(こちらでは送別される人が送別会を開くらしい。)になるので、ちょうどよかったかも。


多少なりとも参考になった方は、↓のクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
posted by もんじゃ at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月20日

Gポイントのサイトへ接続できず……

僕は、クレジットカードや各種のポイントをいろいろと貯めていますが、ポイント移行できるものについてはポイント中間保存場所としてGポイントに移行しています。Gポイントに移行した後に、適当なタイミングで最終的にTポイント等に移行させてるわけですが、どうもスイスからは(というより海外からは)先週か先々週辺りからGポイントのサイトに接続できないようです。(僕と同じく海外から同時期にアクセスできなくなっている人が多数いるみたい)

いきなり告知もなく海外からのアクセスを遮断してるとなると、ひょっとして海外からの不正アクセスか何かでGポイント会員のポイントを引き出される被害でもあったのでしょうか?とりあえず僕は来月に日本に帰国するのでまだしも、他の海外在住のGポイント会員は問い合わせフォームにすらアクセスできない状態なので、非常に不便でしょうね。


多少なりとも参考になった方は、↓のクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

後日談はこちら
タグ:Gポイント
posted by もんじゃ at 06:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月19日

レストラン「SamSeS」

今日はチューリッヒ市内のLimmatplatzにある野菜レストラン「SamSes」(場所HP)をご紹介いたします。アクセスは、4番,13番,17番トラムか32番バスのLimmatplatzから徒歩1分のところです。

このSamSeSの嬉しいところは、毎月1回第3月曜日の夜に「Buffet-Montag」をやっていることです。ビュッフェとは言っても、本当の意味での食べ放題ではなく従量制にはなりますが、普段日のビュッフェ価格(CHF4.2/100g)と比較すると第3月曜日はCHF2.9/100gになるので、これならCHF20くらいでお腹いっぱいになれます。僕らは先月(2014年1月)の第3月曜日の夜に行って来て、この「Buffet-Montag」をやってきました。



料理の方は、セルフ形式で自分で取りに行くことになります。↑画像では揚げ物や唐揚げみたいなものも見えますが、野菜レストランだけあって中身は全て野菜になります。僕らは食べませんでしたが、デザート(果物やケーキ)も置いてありました。
ちなみに、会計は最後にお店を出る時になりますが、お皿に料理を盛り付ける度にレジみたいなところで重さを計る必要はあります。
なお、↑画像に盛り付けた料理の価格ですが、奥のお皿がCHF18くらいで、手前のお皿がCHF16くらいでした。


もう少し、この記事を早く書いておけば2月17日の第3月曜日に間に合ったかもしれませんが、次のチャンスは3月17日(月)になりますかね。なお、僕は予め前々日の土曜日にEメールで予約を入れておいたのですが、当日は予約席でいっぱいでした。「Buffet-Montag」に行かれる場合は、土曜日までに予約しておいた方が無難かもしれません。また、このお店はビュッフェだけでなく一品料理もあります。
もちろん英語OKでした。


多少なりとも参考になった方は、↓のクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
posted by もんじゃ at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 外食